〒899-5213 鹿児島県姶良市加治木町朝日町111 TEL:0995-62-1010/FAX:0995-62-1011

鹿児島県/姶良市/眼科

愛・eye・Lifeブログ

HOME> 愛・eye・Lifeブログ

あいら 姶良 愛・eye・Life 患者様に目を生命を大事にして欲しい・・・ それを手助けする診療所にしていきたい・・・

7月5日

07月05日

今日で、このページでのブログの更新は最後でしょう。
予定通りなら、明日以降、やっと新しいホームページが
公開されるはずです。
しばらくはサーバーが不安定になるかもしれません。
まだ院内の写真など、満足できていない箇所もあるのですが、
いずれ落ち着いたら、自分で撮りなおそうと思っています。

恐れていたクラスターが鹿児島で起きてしまいました。
のんびり構えていたせいか、県のクラスター発生時の
病床対策などが、あまり進んでいなかったことが心配です。
幸い、重症者が少ないですが、そのぶん、無症状者による
感染拡大があちこちで起こる可能性はあるので、
十分注意が必要です。

私自身は、家族以外との会食はずっと控えていますし、
そもそもお酒を飲まないので、夜の街に出動して
いませんので、その辺はご安心していただければと
思います。

換気
来院者の体温測定
院内でのマスク着用
アルコール消毒
院内滞在時間の減少(待ち時間対策)

を重点的にしております。
来院時に接待を伴う飲食店を利用していたり、
関東方面の方との接触があった方は申告をよろしくお願いいたします。

PageTop

6月15日

06月16日

いろいろトラブルに巻き込まれてお疲れ気味の院長です。

手術に使う薬剤が急に出荷制限がかかったり、10周年記念日までにホームページリニューアルのはずが、いつまでたっても納品されなかったり、踏んだり蹴ったり。
コロナの影響と言っても遅すぎでしょう。

落ち込んでいてもしょうがないので、一念発起して、自分のできることはやろうと、今日診療終了後から今まで、頑張って、今のホームページを自分で改変しました。
なぜ素人が1日でできることが、専門業者が未だにできないのか疑問に思いつつ、文章はもともと作成したものが手元にありましたので、それを使いながらです。
でも元々のハードがすでに10年前のもので古く、スマホにも対応できていないので、もうちょっとしっかり作りたいですね。
業者に頼らず自分でホームページ作成ソフトを使って作ろうかなと思ったりもしています。

この10年で取り組んできたこと、医院の特徴や私自身の医療理念など、うざいかもしれませんがしっかりPRさせて頂きました。
問い合わせが多い近視抑制治療や当院の白内障手術の特徴についても充実させています。

是非ご覧になってみてください。

PageTop

5月31日

05月31日

今日で5月も終わりです。
ようやく緊急事態宣言は解除されましたが、
新型コロナに対する確実な治療法やワクチンがあるわけでは
ないことを忘れてはいけません。
どう予防しながら、普段の生活を取り戻すかということが
大事になります。
市中感染者がいる地域に移動したり、その地域の人と
接触した場合は、これからも十分注意する必要が
あるでしょう。

当院でも引き続き、換気、受付での検温、院内のマスク着用は
継続させていただきます。待合室が混雑していて
不安な方は、車内で待っていただいても構いません。

スタッフ一同、できるだけ待ち時間を減らすように努め、
できるだけ濃厚接触者を出さない取り組みを続けて
行きます。

手術患者さんが徐々に増えてはきましたが、6月までは
手術日を週1日とし、リカバリー室の入室者も制限
させて頂いています。
7月からまた週2回手術日に戻せたらよいかと思います。

今週、あたらしい医療機器を導入しました。
当院自慢のVerifEye Lynkシステムのバージョンアップで、
ARGOSという、眼軸、角膜曲率測定キットをつけました。
今までは他の機器のデータを入力して計算していたの
ですが、それが意外に手間だったのと、術後の評価が
十分にできないだろうと考え、術後の計測にも使える
ものを導入しました。まだ一般発売していないので、
実は九州初導入です。

それと、2月に依頼があったのですが、正式に
来年1月の日本眼科手術学会に学会プログラムの
シンポジウムの講師として講演することになりました。
我ながら非常に名誉なことで、開業してからなかなか
全国学会で発表する機会はなくなっていたのですが、
まさか、企業主催の講演や、有志の先生が集まっての
インストラクションコースではなく、学会から
講師として招かれるとは思いもしませんでした。

術中イメージガイドシステムである、
VERION、VerifEye Lynk、ARGOSについて語る予定です。
聞いていただける先生方に少しでもためになるよう
しっかり準備をしていきたいと思います。

見た目も準備しようと思って減量を始めて、ただいま
5kg減量まで行きました。本番までにあと5kg
目指します。顔が細くなったらHPの写真も変えます(笑)

PageTop

開院記念日

05月17日

5月17日は当院の開院記念日です。
本日で10歳になりました。

正直このような10周年を迎えるとは予想すら
していませんでしたが、やれることをやるしかないです。
酒造メーカーが高濃度アルコールを寄贈していただいたり、
いろんな方から支えられて、どうにか診療しています。
緊急事態宣言が解除されて、外来の患者さんは徐々に
戻ってきている感はありますが、手術に関しては
私も勧めづらいですし、命に関わらないので
医療の中には眼科手術は不要不急となってしまうの
ですかね。いつもなら、夏の暑くなる前にと申し込む
方が増えてくるのですが、今回ばかりは夏の方が
大流行しなくて、寒い時期の方が怖いかもとも
思ったりもします。とにかく、治療法やワクチンが
完成するまでは、正しく予防しながら、徐々に生活を
元に戻していかなければならないですね。

まだまだ通過点の10年です。
20年、30年とこの地区の眼科医療に貢献できるよう
頑張っていきます。

お知らせ

もうすぐホームページがリニューアルします。
いわゆるhttpsとスマホにも対応したものになります。
原稿の修正作業に追われていますが、もうすぐ
アップできると思います。ご期待ください。

PageTop

4月27日

04月27日

皆さん、STAY HOME 頑張っていますか?
私自身も外出したのは両手で数える程度ですね。
2回は医師会の仕事、2回は学校検診、1回は往診です。
あまりにそれだと運動不足なので、日光浴もコロナの
予防に良いとのことだったので、昨日久しぶりに散歩
しました。
一日一日今日もコロナに負けなかったと確認する
日々です。

これからGWから2週間が踏ん張りどころだと思います。
ここが乗り切れたらある程度目途が立つのではないでしょうか。
今の鹿児島の発生状況からみて、一番怖いのは
帰省してきた人がウイルスを運んでくること、
そしてGW後に拡散してクラスター発生というのが
最悪のシナリオです。

そこで皆さんにぜひお願いしたいことがあります。
職員にも厳命していることですが、これからGW期間中、
県外からの帰省者と接触している方、県外に行かれた方は
2週間は当院のみならず、あらゆる医療機関の受診を
控えて頂くようお願いします。
姶良霧島地区には感染指定病院の病床は6床しかありません。
すでに使用されている病床もありますので、今後
クラスターが発生すると対応できなくなります。

慶應大学ではコロナ以外の入院前検査でPCRが陽性だった
患者さんが6%いました。
無症状の方が来院してしまったら、感染防御が十分では
ない一般診療所では院内感染が起こってしまい、
最悪2週間近くの休診を余儀なくされます。
これは一般診療の医療崩壊に繋がりかねません。

当院でも全国的な情報収集をしながら、対応できる
感染対策を講じて診療を続けていますが、
皆さんのご理解があってこそ成り立ちます。
まだまだ不自由をおかけしますが、ご協力のほど、
よろしくお願いいたします。

PageTop

3月28日

03月28日

とうとう鹿児島というか姶良にも新型コロナウイルスが
上陸してしまいました。
思ったより受診している患者さんは混乱はしていない
ようですが、ここで封じ込めるためにも、より一層の
自己管理をしなければなりません。

当院でも、患者さんが安心して受診していただけるよう、4月より以下の取り組みを実践していきます。


受診患者、付き添いすべての方を来院時に非接触型体温計で体温を確認させていただきます。37.0℃以上の熱がある方は、日を改めての受診をお願いするか、急を要する場合は車内での待機などをお願いいたします。

今まで以上に待ち時間の短縮に努めます。

通常の清掃時にもオゾン水を用いた、ソファーや水回りの除菌を行います。

定期的に室内の換気を行います。

新型コロナウイルスに対する、明確な治療法が確立して
いない以上、長期にわたる対策が必要になります。
1-4の取り組みにより、院内感染のリスクはかなり
低減され、同じ空間の待合室で過ごす患者さんにとっても、
安心して受診できる環境を提供できるものと確信しております。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

PageTop

2月17日

02月17日

世間は新型コロナウイルスで大変なことになっています。
鹿児島にはまだ感染者はいないようですが、今の様子だと
時間の問題な気がします。
医師会からもいよいよ医師のマスクが義務付けされた
ようです。
手術用マスクはどうにかなっていますが、
消毒用エタノールも手に入らなくなっているのは
かなり問題だよなとおもっています。

そこで当院で大活躍しているのは、
このオゾンドクターです。
増築してからは、手術室と外来と2台で運営しております。
開院時から、感染症の患者が来た時にはオゾン水で
拭き掃除をしており、トイレなど水回りも、診察終了時に
スプレーして除菌を心掛けております。
診察室のすぐ近くにも設置したことで、
手洗いはもちろんうがいにも活用していますので、
私も歴代スタッフも開院以来、だれも発症していないので
その意味でも効果があるのかなと思っています。

明日からかなり寒くなるそうなので、体調崩さないよう
ご自愛ください。

PageTop

1月20日

01月20日

今更ですが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は当院10周年イヤーになります。
増築改装してハード面は充実しましたので、
より患者さんに快適な診療を受けてもらえるよう
スタッフ一同努力していきたいと思います。

最近の話題としては、
今まで、先進医療として当院でも治療していました
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が
先進医療から外れることが決定したようです。
ですから、今後は先進医療特約がついた民間の
医療保険を使って還付金をもらうことはできなくなります。
今後は選定医療として、例えるならば、大きな病院の
特別室料金みたいな感じで、保険としては治療できるが、
差額は自己負担みたいな治療となっていくようです。
4月からだというのに、どういう風になるのかも
まだなんも関連学会からも連絡がないのですが、
あらゆる対応をできるように準備をしたいと思います。

中待合室のビデオに、正しい点眼の点し方などの
ビデオを追加しました。ぜひご参照ください。

PageTop

11月27日

11月27日

ようやく、新しい配置での外来にも慣れてきました。
中待合室で、近視抑制治療についてのスライドや
当院でも推奨している、温罨法、リッドハイジーン
(まつ毛の洗浄)の実践のビデオを所属している
LIME研究会のビデオを使用しながら上映しているの
ですが、なかなか外来ではゆっくり話せないものの、
話よりもやはり映像で見てもらった方がわかりやすいのか、
当院で販売している、温罨法用のトルマリン(レンジで
チンすれば何度も使用できます)や、睫毛シャンプーが
売れるようになりました。
ほとんど商売っ気なく販売していますので、
これからドライアイの症状が悪化する時期ですので、
是非試していただきたいです。
よかったらYoutubeでも 「LIME研究会」で検索して
頂きましたら、動画は配信されていますので、
是非ご覧ください。非常にわかりやすく解説してあります。

写真は、旧リカバリー室と、手術室が生まれ変わって
暗室検査室1、暗室検査室2となったところです。
暗室検査室1には
広角眼底カメラ、OCT、OCTアンギオ、波面収差装置、
光学的眼軸長測定装置、VERION(術中乱視ガイダンス)
暗室検査室2には、YAG(SLT)、アルゴンレーザー、
コントラスト感度測定装置、深視力、シノプト、ヘス、
動的視野検査、静的視野検査と
一般の方には???の機器だと思いますが、眼科業者は
目を丸くして驚くほど、10年かけて徐々に機器を充実
させました。
昨年も一人視能訓練士の学生が実習に来ましたが、
今後も機会があれば、受け入れていきたいと思います。

PageTop

11月7日

11月07日

とりあえず、変わったところを御紹介。
今のところ、好評なのが、中待合が広くなり
椅子がソファーになったことです。
正面に電子掲示板を設置し、目に関するビデオや
私が院外で講演したスライドをビデオに流しています。
近視抑制治療に関したものとかです。

また小出しに紹介していきます。

PageTop
【管理者用メニュー】